冠婚葬祭時のマナーが身につく資格とは

結婚式やお葬式などに出席した際、どのように振る舞えばよいのか分からないという経験をした方はいらっしゃいませんか。そんな方に冠婚葬祭についてのマナーを身につけられる資格、マナー検定を簡単にご説明します。この検定には初級、中級、上級の3種類の級が存在します。初級の内容には、手紙や電話をやり取りする時の注意点や食事に関する作法などの項目があります。中級は、服装や贈答品などの基本的な知識が出題されます。最も級の高い上級では、披露宴などに参列した時に気をつけるべき事柄や会話をする際の敬語の使い方を学習することができます。受験をする場合は、初級から順番に取り進めていかなければなりません。また、この資格では冠婚葬祭時に覚えておくべき作法の他にも、日常生活でも活かせる笑顔での対応の仕方や社会人になった時に必要となるビジネスマナーといった知識にも触れられます。この資格に合格することで、冠婚葬祭に呼ばれた時でも安心して参列することができます。