生活に役立つ冠婚葬祭マナーの資格

冠婚葬祭は生活しているうえで避けられない行事です。しかし、その決まり事、タブーとなることが多すぎる上に、失敗するととても恥ずかしい思いをすることになるので、苦手だという人も多いはずです。そんなマナーを学べる資格があります。それは、実用マナー検定です。これは、簡単なビジネスマナーから社会人としての常識を試される資格ですが、この検定は三級から一級までレベルがあります。その中でも準一級、一級の試験になると、冠婚葬祭知識が出題されます。準一級では、結婚式に出席する、お葬式などに参列する際の知識が出題されます。一級になると主催者側、喪主側としての知識も学べるので、まさに実用的な資格といえます。もっと本格的に学んで、それを仕事にしたいという場合には葬祭ディレクターという検定があり、この場合は、葬儀社に勤める場合に必要となってくる知識が出題されるので、そういった方面に進みたい場合にはこちらを取った方がいいです。